お葬式プランを決める時に役立つ業界知識・八王子市を例に紹介

葬式

葬儀の種類について

近年は、葬儀事情が変化してきて、家族葬で執り行われることが多くなってきました。そこで、葬儀の種類を次のとおり列記します。一つ目、家族葬、これは、まさしく言葉のとおり遺族又は遺族親族のみで行われる葬儀です。昨今は、少子高齢化が進展して高齢者が多く、それに伴い核家族化が進み、また地域社会の希薄性も手伝っているため以前より確実に増加しています。メリットとしては、経済的に安価に済ませることができます。二つ目、密葬、これは、遺族又は遺族親族、親しく付き合っている方のみで行われる葬儀です。この葬儀も家族葬と同様な要因で増えている事例が多く見られます。三つ目、一日葬、これは、お通夜を行わず、家族のみで葬儀を一日で済ませることです。又、家族で荼毘に付し、日を改めてお骨で葬儀をする場合もあります。四つ目、散骨、共同埋葬、まず、散骨ですが、遺骨は、一般的にはお墓に納めますが、わかりやすく言うと、海や山に遺骨を撒くことです。
共同埋葬ですが、霊園やお寺など決められた供養施設にしばらく安置した後、又はすぐに納める納骨手法です。使用料は、低廉的で、お参りは、共同の礼拝場所で行うようです。最近では、核家族化で跡継ぎがいないなどの種々の事由により利用する人も増加してきました。

  • 高齢化と葬式事情

    亡くなった方を送るために葬式は欠かすことができません。できることであれば故人とゆかりのある人物をたくさん呼んで、できる限り盛大に送り出したいものですが、経済的な状況などからそうもいかない場合もあります。高齢化社会によりさまざまなケースで亡くなるお年寄りが増えたこともあり、葬儀屋もより安価なプランで葬式を行なうところも登場しています。告別式のみ行なうことのできるプランや…

  • 自分らしいお葬式をあげる方法

    最近はお葬式が多様化してきました。 費用も出席する人数も様々です。 お寺との結びつきが弱くなったことや、お葬式に関する風習が薄くなったことが、多様化した原因かもしれません。 一般論として言えることはお葬式の規模が縮小化されていることです。家族葬で少ない人数でお葬式をあげる方が多くなりました。お墓の心配をしなくてもいいように樹木葬や海洋葬といった形もあります。 ではお葬式の形が多様化す…

  • 安心した葬式を上げるには

    大切な方が無くなってしまった場合、葬式という儀式が必要となっています。 昔も今も変わる事がない風習は、色々な不安や問題点が数多く存在します。 お葬式で大切な方を安心して送り出したい時に、段取りや調整が上手くいかずに 満足の出来る葬式が出来なかったと嘆いてしまっては遅いのです。 この記事では、安心して葬式が出来る方法について分かりやすくお伝えしていきたいと思います。 【…

  • 葬儀の種類について

    近年は、葬儀事情が変化してきて、家族葬で執り行われることが多くなってきました。そこで、葬儀の種類を次のとおり列記します。一つ目、家族葬、これは、まさしく言葉のとおり遺族又は遺族親族のみで行われる葬儀です。昨今は、少子高齢化が進展して高齢者が多く、それに伴い核家族化が進み、また地域社会の希薄性も手伝っているため以前より確実に増加しています。メリットとしては、経済的に安価に済ませることができます…

記事一覧

2017年10月04日
葬儀の種類についてを更新。
2017年10月04日
安心した葬式を上げるにはを更新。
2017年10月04日
自分らしいお葬式をあげる方法を更新。
2017年10月04日
高齢化と葬式事情を更新。